ネット依存症の治し方/自分で自覚できるうちは軽症と思います - アルコール依存症 その克服を見守った家族の手記



ネット依存症の治し方/自分で自覚できるうちは軽症と思います



ネット依存症についてのニュースですが、
依存症という言葉を使うのは、自己制御不可能な状態になっていることを指す、
と言われたことがありますので、


ほんとにネット依存症ならPCの前にいないと不安でならない、
とにもかくにもインターネットがないとダメ
朝から晩までしごとも学業も放置してPCの前


こうなれば立派なネット依存症でしょうね。
逆に、目が痛くなった、ちょっと外出用ができた、気分悪くなった、
で、pcから離れることができるのであれば、


まだ、依存症まで至っていないと、思います。


それほどまでに、
依存症のパワーって強力で、自分では、どうにもならず、
他人にいわれてわかりましたもうやめます、て反省することもないでしょう。


ひとづてにきいたのですが、
自分が掲示板で発した言葉が気になって何度もF5を押し、
夜も眠れず、仕事も集中できずしょっちゅう携帯電話を使ってやりとりし続ける、


「F5依存症」「2ch依存症」そんな症状も、ききました。


下の本は、依存症のメカニズムを解説しています。
今現在、依存症でなくとも、可能性はあるかもしれない。自分と向き合うのも予防策。





この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。