アルコール依存症とは 参考:wikipedia - アルコール依存症 その克服を見守った家族の手記



アルコール依存症とは 参考:wikipedia

このページに至るまでにすでにご存じだとは思いますが一応念のため、
アルコール依存症について語ります。



「アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう)とは、薬物依存症の一種。
飲酒によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患。」


・・・つまり、飲酒そのものを自分で制御できなくなる病気。


患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある。

・・・私の妻は見事にこれになりました。




まとめますと、アルコール依存症というのは、本人の意思とは無関係に、飲みたい症状にかられ、非常識な飲酒を行ってしまうという、病気。
つまり、本人がだらしない、節操がないのではなく、病気が飲酒をさせている。


別項目でまとめますが、 アルコール依存症と、アルコール中毒は、別物です。


症状
自分の意志で飲酒のコントロールが出来なくなる。
目が覚めている間、常にアルコールに対する強い渇望感が生じる。
飲酒で様々なトラブルを起こし後で激しく後悔するも、それを忘れようとまた飲酒を続ける。
離脱症状(退薬・禁断症状)が出る。
耐性の増大。


治療法
自分の意思でなんとかできるものではない病気なので、適切な医療機関での治療が必要。
よく、自分でなんとかなりませんかというメッセージをいただくのですが自分でなんとかならないのが病気ですから病院へ行くのが適切な選択だと思います。
風邪や腹痛と違い自然治癒が期待できませんから、放置しておけばますます悪化の一途をたどるだけです。



もし放置しておいたら、
最悪、死に至ります。


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。