アルコール依存症は、治る病気なのか - アルコール依存症 その克服を見守った家族の手記



アルコール依存症は、治る病気なのか

アルコール依存症は治るか。
永遠の課題であり、永遠の問題と思われます。


しかし、私が主治医から聞いた回答は、「一生、治らない」
完治するということは、健康な者と同じ状態、と意味するならば、です。



アルコール依存症と診断された患者は、それ以降、一滴も飲酒できなくなりますから、みなと同じように、「居酒屋へ行って」「ちょっと飲み会で」ていう選択肢を、一生、外さなくてはなりません。
これは、完治といっていいのか、ていうところは、難しいかもしれません。



ということは、
「私はアルコール依存症患者でした」
ていう、過去形にした言い方が一切ない、ていうことで、

「もう治ったので、ビール2缶なら大丈夫」
なんてことも一切通用しない。



・・・・これが、アルコール依存症が治らない、ていう意味だと思います。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。