Facebook始めたら真っ先にやるのは「ブロック」 - アルコール依存症 その克服を見守った家族の手記



Facebook始めたら真っ先にやるのは「ブロック」

Facebookを始めたら、
プロフィール編集よりも写真貼り付けよりも先にやること、

見たくない、見られたくない人をこちらから見つけて「ブロック」



・・・ていう記事をどこかで見つけました。


Facebookでは、見られたくない相手をブロックする機能があり、ブロック設定することで相手に自分の存在を隠すことができます、というもの。


ブロック設定される相手が、どんなに検索かけても、あなたの名前は相手には表示されません。
友達の友達、勤務先タグ、どこにもあなたは「いない」というようにできます。

これで、会いたくない、気付かれたくない相手、元カレ元カノ、会社の上司、とにかくfacebookアカウント持ってることを知られたくない相手は、先にこちらから検索して見つけて、ブロック。


・・・・・・ということだそうです。


見つけられて友達申請されるまえに、先手をうつわけですね。

しかも、相手にはブロックされたことは通知されない、とあるから安心。
確かに「○○さんがあなたのことをブロックしました」なんて通知されたら本末転倒ですね。






また、友達承認したものの、あまりその人の更新情報とか見たくない、て場合も、カテゴリー別に非表示にすることができる、とありました。


たとえばfacebookは友達が誰かにいいね!したりコメントいれたりしたことすらも自分のマイページに知らされます。ときにはそれだけで埋め尽くされたり。
また、我が家のご飯自慢、 今日の言葉とか自己啓発な自己満内容は見せられる側としてはただ重いだけ。そんな相手は写真や記事の更新情報を非表示にすれば、二度とあなたのマイページには表示されることはありません。


・・・・・とありました。


まあ私はブロックまですることはないかなと思っていましたが、
先日アルコール依存症に偏見を持つ理解なき知人をやむ無くブロックかけました。
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。