障害年金の診断書、費用は10,000円でした - アルコール依存症 その克服を見守った家族の手記



障害年金の診断書、費用は10,000円でした

アルコール依存症+うつ病+パニック症候群+てんかん
これだけの症状を抱えているうちのヨメの障害年金の申請用に、主治医にお願いした診断書、
ものすごく細かく書かれておりました。
そして、それに見合った費用、10,000円かかりました。

さらに、過去にさかのぼっての支給も視野に入れ(2級になったときのため)
初診の病院でも診断書が必要となりましたが、
5年前にさかのぼったのがA医院かB医院かで食い違いが生じ、

現在はっきりさせるよう目下進行中です。


この記事へのコメント
日記拝見さしてもらいました。

先日5/31に兄(長男)がアルコール依存症の為
入院しました。

大変勉強になりました。
また後日読み直しコメント書かしてもらいます。
色々ご相談したいです。
Posted by shinya at 2012年06月02日 02:10
謹んでお見舞い申し上げます。

でも悲観することはございません。適切な処置を施してくれるのが病院ですし、そのための入院ですので、きっと生まれ変わったかの様なお姿で退院されることと思います。
Posted by yukihiro at 2012年06月03日 23:52
初めまして。
主人がアルコール依存症で、私は妻です。
主人の実家に相談しても解決に至らず、途方に暮れて「離婚 アルコール依存症」で検索していたらこちらのブログにたどり着きました。
全部拝見させていただきました。

経緯がほとんど同じで驚いています。
違うのは、主人は働いていることと、子供がいることです。
飲んでいても翌日ちゃんと会社に行くのだから依存症ではないだろう、と思っていたのは酷い勘違いでした。

我が家はこれから戦いが始まります。
このブログが励みになり、救われました。
ありがとうございます。
Posted by lache at 2012年06月14日 19:03
アルコール依存症に関しては、家族が一番の理解者であり、家族が行動を起こさねばアルコール依存症は絶対に気付かれない、とも、主治医からいわれたことがあります。

でも、依存症に気づいたことそのものは、快方へ向かう第一歩だともいわれました。

あとは治療へ向けて一歩二歩と進むだけ、時には後ろに下がることも(再飲酒など)ありますが、ぜったいにあきらめたり断念したりせずに正面から向き合い、折れない心をあなたが持てるようになることを祈っています。
Posted by yukihiro at 2012年06月14日 21:51

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。